EXPOSURE CALCULATOR DATA 露光テスト用PDFデータ
5da9727cbc45ac602a4fb525 5da9727cbc45ac602a4fb525 5da9727cbc45ac602a4fb525 5da9727cbc45ac602a4fb525 5da9727cbc45ac602a4fb525

EXPOSURE CALCULATOR DATA 露光テスト用PDFデータ

¥0

※こちらはダウンロード商品です

prism-exposure-calculator.pdf

1.6MB

露光テスト用pdfデータ ・使用方法 インクジェット、レーザープリンタ用の透明シート、フィルムまたは専用のセッター等で当データを印刷し露光テスト行ってください。 使用する乳剤が同じものでも最適な露光結果を得るためには事前に異なるメッシュカウントごとに露光テストを行うことをお薦めします。 露光結果のブレを無くすため乳剤のコーティングは全て一定にしてください。 また乳剤塗布、乾燥後の乳剤版は必ず乾燥させた暗室で保管してください。 乳剤版が湿気を含んだ状態でテストした場合と乾燥時のテストでは大幅に結果が変わることがあります。 ※元データは販売中のフィルムサイズに合わせたサイズです。 お手持ちのフィルムとサイズが違う場合はご自身で好みの列数に変更してください。 ・A3ノビフィルム https://prismscreen-onlinestore.com/items/5d79f7ae65d32656390af312 ※DLはこちら https://drive.google.com/open?id=19IWOQpkKuB_xAmVWWN-GZ99HE9SCOoex ・露光の簡易時間計算方法 STEP1. 露光に要するおおよその秒数に1.5を掛けます。 例:予想時間/120秒 = 120秒×1.5=180秒 STEP2. STEP1で計算した時間を10で割ります。 例:180秒÷10=18秒 STEP3. 印刷したフィルムをスクリーンに貼り付け、 最初の1列以外を全て紫外線、光を通さない紙で覆います。 STEP4. STEP2.で計算した時間(例:18秒)に設定し露光します。 STEP5. 1列目を露光後、紙をそのまま下へずらし1列目と2列目以外を全てを紙で覆います。 STEP6. 計算した時間(例:18秒)×2(列数)=36秒で露光テストをします。(このとき1列目も一緒に露光します。) 3列目も同様に紙を下にずらし→露光という作業を10列目まで繰り返します。 例 1列目:18秒 2列目:36秒 3列目:54秒 4列目:72秒 5列目:90秒 6列目:108秒 7列目:126秒 8列目:144秒 9列目:162秒 10列目:180秒 STEP7. 全ての露光が終わったら水で洗い流し、乾燥後 どの列が一番最良かを確認してください。 STEP8. 最適な列数から11を引きます。例えば4列目の72秒が最も良い結果であれば 11 - 4(列数) = 7 この7は4列目の72秒が10列目まで連続してテストした際、 合計7回露光されたことになります。 18秒単位でテストした場合正しい露光時間は126秒になります。 例:18秒×7 = 126秒 ・乳剤と光源による露光テスト例 複数の紫外線蛍光灯とSBQ乳剤または一液性乳剤 露光目安:3分 複数の紫外線蛍光灯とジアゾ乳剤 露光目安:6分 ・データ詳細 300dpi / 40線 / 線数角度22.5度